神戸、元町にあるピラティス・スタジオsorama(ソラマ)のトレーナーがピラティスの魅力や効果についてわかりやすく解説します。

ピラティスの指導資格について

 

ピラティスに取り組んでいると、その素晴らしさに魅了されて

ピラティストレーナーになる道を選ばれる方もおられます。

 

そんな方々へむけて、指導資格を取得するためのヒントを

お伝えしたいと思います。

 

お伝えするポイントは。。。

 

  • 資格を発行する団体について
  • 専門資格について
  • 資格を取得するための勉強内容
  • 資格取得試験
  • トレーナーとして必要なこと

 

資格を発行する団体について

ピラティストレーナーとして、必要なことを学ぶために

専門の資格を取得する必要があると思います。

現在、ピラティスの資格を発行する団体は複数あります。

国際的組織団体を大きな団体をいくつか挙げてみます。

 

Stott Pilates(ストット・ピラティス)

Basi Pilates(バッシー・ピラティス)

Peak Pilates(ピーク・ピラティス)

Fit To Perform(FTP)

Polestar Pilates(ポールスター ピラティス)

Basi(Body and Science International)

ネバダ州立大学公認ピラティス

 

そのほかに海外の小規模組織団体の他

日本国内独自の認定資格を発行する団体も存在します。

 

ピラティスは元をたどれば

ジョセフ・ピラティス氏が考案した運動と運動哲学です。

伝えている基本の考え方は各団体ともにほぼ共通していますが

各団体によって、最新の運動理論に沿い

使用するピラティスマシンに改良を加え、進化させています。

さらに、団体によって、ピラティス氏の伝えている運動哲学の中で、

強調される部分に個性があります。

 

動きを身体で感じる感覚は人それぞれです。

どの団体で資格を取得するかは、

その団体に属するトレーナーから受講することが

一番よいかと思います。

 

専門資格について

ピラティストレーナーとして活動するための資格は

公的な資格ではなく、民間資格となります。

トレーナーとして活動する場所によって、必要な認定団体の資格が

違う場合もあります。

資格取得の際は、ご自分がどのような場所で活動をしてゆきたいのかを

踏まえて、確認をしておいた方がよいでしょう。

続いて「資格を取得するための勉強内容」

がどのようなものかについてお伝えします。

資格を取得するための勉強内容

ピラティストレーナーとして活躍するためには

資格を発行する団体が主催する

トレーナー養成コースに参加し、

専門資格を取得する必要があることは

先ほどお伝えしました。

 

実際のコース内容は各団体で細かく設定されていますが

以下の内容は必ず学びます。

  • ピラティスの基礎的な理論、運動哲学
  • 機能解剖学
  • エクササイズ
  • 専用マシンの取り扱い、使用法
  • 指導テクニック

 

こちらはよくされる質問です。

・「解剖学について全くわからないのですが、コースに参加できるでしょうか?」

 

必要な知識を学ぶためにコースのカリキュラムが設定されています。

基本的には、運動指導の経験や、解剖学の知識がなくとも

コースに参加し、学んでゆくことはできます。

 

ただし、できればコース参加を決めたら、

大きな書店の「基礎解剖」などのコーナーにある

筋肉の図が載っている本を手に取ってみて

大まかな筋肉の場所と名称などを

ざっと頭にいれておくことをお勧めします。

コースで学んでゆく内容を早く理解する助けになるからです。

 

養成コースに参加するための参加資格として

解剖学の知識の有無を設定しているコースもあります。

参加するコースがどのようなコースであるのか?は

しっかりチェックする必要があります。

 

資格取得試験

養成コース終了後は、各団体が定める

資格取得試験に合格することで、認定トレーナーとなります。

 

資格取得試験は、コースで学んだ内容についての

筆記試験、指導力試験、団体によってはエクササイズを

すべて行うことができるかを試験する実技試験などがあります。

 

次はトレーナーとして必要なことをお伝えします。

ピラティスのトレーナーとして必要なこと

ピラティストレーナーとして必要なことは

  1. 観察眼
  2. 探究心
  3. 忍耐力
  4. 表現力
  5. 会話力
  6. 頭の柔軟性

の6つです。その6つを詳しく説明します。

①観察眼

人の身体をみて、動く姿をみて、どのような筋肉の使い方を

しているのかを観察し、認識する力はセッションでは必須です。

人の動きからその方の人生を感じれるようになりましょう。

セッションの幅が広がり、クライアント様の幸せにつながります。

②探求心

ピラティスの指導資格を取得するコースに入り、卒業しただけでは

身体の知識としては、まだまだ少ない状態です。

卒業したところから、より一層身体についての勉強を深めてゆく必要があります。

機能解剖学、生理学、内臓空間・・・

身体についての学びは、まるで深い森のように奥が深いのです。

ピラティスの哲学を守りながらどのようなクライアント様にも対応でき、

信頼されるトレーナーとなりまた、そうあり続けるために、

学びと探求は一生続けなければいけません。

③忍耐力

私たちトレーナーは、より良き姿勢に向けて、よりよき動きができるための

お手伝いはしても、変化を押し付けるべきではありません。

人が変化してゆくには、その方のペースというものがあります。

その方の変化を「見守り、待つ」ためのあたたかな心を持ちたいものです。

変化を待つための、忍耐力が必要です。

さらには、トレーナー自身が学び続けてゆく、身体のことについて

探求し続けてゆくためにも、忍耐力が必要かもしれません。

④表現力

筋肉を使う感覚は、人それぞれ千差万別です。

その人にあった言葉を選んで、使う感覚を表現できるためには

たくさんの言葉の引出しがあった方が便利です。

一つの動きに対して、いくつもの表現方法で伝えてゆくことができるということは、

色々なタイプのクライアント様に対応できるトレーナーなれるということです。

⑤会話力

「今日はいかがですか?」

セッションの初めに、私たちトレーナーはクライアント様に必ずお声をかけます。

そこから、クライアント様によって、現在の身体の状態を教えてくださる方もいれば

昨日こんな一日を送ったなど様々なことを教えてくださいます。

さりげない会話から、不調を起こしている原因が見えてくることも多々あります。

クライアント様から話を引き出すには、まず信頼していただける指導スキルを持つこと。

次に相手の話にきちんと耳を傾けて聴くという「傾聴」。

そして、なにより、クライアント様とのセッションや会話を楽しむ心です。

楽しむ心は、確かな指導力(①~④までで述べたものを統合したもの)があってこそのものです。

⑤頭の柔軟性

ピラティスは運動哲学です。

つまりは動き方を伝えるものであって、決められた動きをしなければいけない

という運動ではありません。クライアント様の現在の柔軟性や筋力に合わせて

エクササイズを応用をするという頭の柔軟性は持つ必要があるでしょう。

決まった動きだから、それをそのままその方に当てはめて、

スムーズに動けない、やりにくそうにしているなどなど・・・

この場合、スムーズに動けないのは、トレーナーの責任といえるでしょう。

それぞれの種目に対して、どの筋肉にアプローチしている動きなのかを認識し

クライアント様の現在の状態に照らして、必要であれば

動きのシークエンスをブレイクダウン(簡単にする)する

あるいは応用するという発想力、頭の柔軟性があるセッションの幅が広がります。

 

 

いかがでしょうか?

経験を重ねてもなお、このどれもが大切なことばかりと実感します。

最後に・・

クライアント様が私たちトレーナーを育ててくださっているということを

忘れないようにしたいものです。

神戸三宮でピラティスはソラマ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!