神戸、元町にあるピラティス・スタジオsorama(ソラマ)のトレーナーがピラティスの魅力や効果についてわかりやすく解説します。

背骨の成り立ちを知ればピラティスはもっと面白くなる

 

ピラティスは、背骨を様々な方向に動かすことが

エクササイズの特徴の一つです。

そこで前回のコラムである

「骨盤の成り立ちをしればピラティスはもっと面白くなる」

に引き続き今回は、背骨の成り立ちについてお話をしたいと思います。

背骨はどんな作りになっているの?

背骨は24個の「椎骨」という骨と

仙骨と尾骨から成り立ちます。

もう少し細かく見てみましょう。

IMG_20170614_160149_LI (3)

首(頸椎)は7つの椎骨。

胸(胸椎)は12個の椎骨。

腰(腰椎)は5個の椎骨。

 

椎骨と椎骨の間はゼラチンとコラーゲン組織で作られた繊維である

「椎間板」でつながっているためにしなやかな動きが可能なのです。

椎間板には衝撃を吸収する大事な役割もあります。

仙骨は5つの骨が融合してできた椎骨を支える土台です。

大人になると結合し一つの骨となります。

尾骨は3~5個の骨のつながりです。

背骨はどんな動きができるの?

背骨はこのような動きができます。

前に曲げる(屈曲)

後ろに曲げる(伸展)

横に曲げる(側屈)

左右にねじる(回旋)

このような動きができることをふまえて

背骨の各部分を見てみましょう。

頸椎について

頸椎の1番(背骨の一番上)は目の裏側あたりにあります。

頭蓋骨は背骨に刺さっているような形で乗っかっていますので、

首の骨は私たちが首と言っている場所より

もっと上から始まっているのです。

特に頸椎の1番と2番は特有の形をしています。

IMG_20170818_170657_LI

頸椎1番は環椎といって、読んで字のごとく

輪のような形です。

頸椎2番は軸のような形になっている軸椎です。

この二つの骨の形状のために、頸椎は背骨の中でも

全ての動きにおいて一番大きな可動範囲を持っています。

胸椎について

背骨の胸の部分です。

12個の胸椎には肋骨がついており、

胸郭(きょうかく)を形成して心臓や肺などの

大事な組織を守っています。

IMG_20170524_133518_LI

胸椎の得意な動きの順番は①回旋②屈曲③側屈④伸展

となります。

腰椎について

腰の骨は5個の骨で成り立ちます。

IMG_20170524_133518

体重を支えるために、大きな椎骨になっています。

腰椎の得意な動きの順番は①屈曲②側屈③回旋④伸展です。

腰椎は体重がかかる上に、骨の周囲は内臓と筋肉しかありません。

とても不安定な個所なのです。

 

ピラティスでエクササイズに取り組むうえで、必ず意識する

腹部についているインナーマッスルは骨盤と腰椎の周囲を

腹巻状に包んで安定させていますが

もう一つ、背骨の巧みな形状とカーブが

不安定な腰椎を安定させる大切な役割を担っています。

 

これに関しては「背骨のS字カーブについて」で

お話ししたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket