神戸、元町にあるピラティス・スタジオsorama(ソラマ)のトレーナーがピラティスの魅力や効果についてわかりやすく解説します。

ピラティス受講時の服装は?

 

DSC_1939

ピラティスのグループレッスンやプライベートセッションの体験予約を頂いた際によくご質問頂くことが「何を着て受講したらよいのでしょうか?」というご質問です。

基本的には「動きやすい服装」であればどのようなものでもよいのです。
そして、シューズは必要ありません(ピラティス用のシューズというのも出ているようですが靴下着用でご受講ください)

ピラティスセッション受講時の服装に関して、身体のラインがわかるように、ぴったりとフィットしたものを着なければいけないという事はsoramaでは特にお伝えしていません。

といいますのも、フィットしたものを着ておられなくても、受講する方の動きから、姿勢の状態や、エクササイズ中にどの筋肉が使われているのか?ということはトレーナーの目からはわかっちゃうのです(笑)

スタジオで受講される方のウェアで、多く見受けられるスタイルとして、Tシャツにジャージ、あるいはエクササイズ用のスパッツとトップス、などなど皆さんのお好きなスタイルでピラティスのセッションをお受けいただいています。

ただし、ウェアを選んでいただく際のポイントがあります。

・ファスナーやボタン類がついていないもの
(あおむけやうつ伏せに寝るポジションをとることもあるので、身体にあたって不快にならないように)

・ぴったりフィットする必要はないが、あまりルーズにひらひらしないもの。
 (骨盤や脚が肩より上に上がるポジションでシャツやズボンがめくれてしまうのが嫌な方)

・パンツに関しては、素材がある程度柔らかいもの。
 (股関節や膝の曲げ伸ばし、あるいは座ったりする際に、動きやすい)

いかがでしょう?参考になりましたでしょうか?

また、是非ウェアの色選びも楽しんで下さい!

色もエネルギーを持ちますから、自分の好きな、気持ちがアップする、楽しい気分になる色を選ぶこと。

何よりピラティスのセッションでは、エクササイズ中に集中する事ができるよう、自分自身が着てみて心地よいものを選ぶことが一番大切かもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket