神戸、元町にあるピラティス・スタジオsorama(ソラマ)のトレーナーがピラティスの魅力や効果についてわかりやすく解説します。

ピラティス用のマットについて

   2015/02/22

「自宅でピラティスのエクササイズを行う際、

どんなマットがおすすめですか?」

 

このようなご質問をいただきました。

 

最近ではヨガマットなどのエクササイズ用マットは、

インターネットやスポーツショップ

ホームセンターなど様々な場所で購入できますし、

値段も安価なものからそれなりのものまで

大変バリエーション豊富になってきました。

 

ピラティスのエクササイズを行うことを前提としてチョイスする場合

マットの厚みに注目しましょう。

 

マットで行うピラティスの場合

仰向けや横向き、または座るというのが

スタートポジションとして多いです。

 

2つのエクササイズの

スタートポジションを見てみましょう。

 

座る姿勢のスタートポジションでは、坐骨を床に対して立て、

骨盤をニュートラルなポジションにとります。

 

IMG_1631

 

この写真はピラティスのマットワーク「スパイン・ツイスト」

という動きです。

骨盤が立っているのがわかりますね。

 

さらにピラティスのマットワークの中で、

背骨のカーブを保ちながら、転がるエクササイズ、

「ローリング・ライク・ア・ボール」は

このようなスタートポジションです。

 

IMG_1629

坐骨と尾骨の後ろに体重がかかっていますね。

 

代表的なピラティスのエクササイズのスタートポジションをみてみると

「ある程度の厚みがあるが、沈み込まないもの」

というのが好ましいかと思います。

 

ピラティス用マットとして販売されている物はあまり見かけませんが

くるくると丸めて保管できるエクササイズマット、

またはヨガマットという名称で販売されているものは

厚みが3㎜、6㎜、8㎜、9㎜などの種類があります。

 

坐骨を立てて座ったり、背骨のカーブを保って転がっても

尾骨や背中が痛くならない。

尚且つ、座ったポジションで坐骨を床に対して立てている

というのが地面を通して感じられるということを

考えてチョイスするとよいでしょう。

 

一般的なマットのサイズは長さが173cm、

幅が61cmでつくられているようです。

ピラティスのマットワークのエクササイズをされる時も

この長さで問題ありません。

 

ちなみに私の自宅リビングにもマットが常備されていて

寝る前にピラティスのマットワークエクササイズで

背骨をリフレッシュしたりストレッチしたりするのに

使用しているものは、厚みが6㎜です。

神戸で本格的にピラティスを始めるならsorama





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket